BLOG

2019/09/12 18:11

石をお守りにしたことってありますか?パワーストーンの数珠ブレスレット、まさに今しているよという方も、私は石はさっぱり、という方もいらっしゃるかもしれません。

石好きの私は、もう記憶に遠い幼い日も含めて、「パワーストーン」という言葉を知る前にも、いろんな時に石をお守りとして頼っていました。一番直近では、去年の夏から秋にかけてのこと。

この「ひかりのいしむろ」が始まったのは、制作をしているパートナーが作り出したことが直接のきっかけですが、もうひとつのきっかけになったお話を何回かに分けてしていきたいと思います。 

***


真実を見抜く石、プレナイト(葡萄石)

昨年の初夏、会社立ち上げ後のせわしない日々の中で、インスタで石をなんとなく眺めていて。なぜか「プレナイト」という半透明で黄色〜緑青色の石が気になって...

あまりに気になって、 石言葉を答え合わせのように見てみたら「真実を見抜く石」。今必要な石はこれかもしれない!と感じたのだった。

私は日々の業務に追われながら数字とにらめっこするなかで、進むべき道はぼんやりと霞んでいて、先は見えなくて... 共同経営をしていたはずのパートナーにさえ私は心の内を言えず、その不安を抱えながら踏ん張っていたのだと思う。

いつも見ている大好きなお店と、お手頃に変えるお店と、迷った末に、お手頃なお店のほうで、シンプルなプレナイトのネックレスを購入。

プレナイトは青みがある方がその希少性から価値が高い。写真に映る私が購入したピースは青みがあり、希少性というより色味が綺麗で楽しみにしていたものの、現物はほぼ黄色。そうか、安かったのは、黄色だったからか。

その色にちょっとがっかりしながらも、毎日身につけるうち、そのなんとも言えないとろみのある、こっくりとほがらかな黄色を私はとても気に入って、相棒としていつも首にかけていた。近所の温泉(スーパー銭湯みたいなところ)に入る時や、寝る時も一緒のときもあった。

※石と一緒に温泉に入ってはいけません...!石によっては変質してしまいます。幸いこのプレナイトはビクともしなかったけど...よろしくないです汗

大変なことがあっても、一緒に感じてくれる気がして心強かった。

ある時、首から外してよくよく見ると、あれ?今日のプレナイトはどこか疲れているような...。石は負のエネルギーを吸い取る、などと言われていて、もしかするとそうだったのかもしれないし、単に私が疲れていてその疲れを石に投影していたのかもしれない。そんなこともあったっけ。

プレナイトを持っていても、真実はわからなかった。それでも「たとえ先が見えなくても私の道を進み続けたい」という信念のようなものを持ち続けさせてくれて、私を支えてくれたと思う。

石を身につけていたからって、別に奇跡は起こらない。何かががらっと変わることはない。でも、自分が大事にしたい気持ちを大事にする強力なサポートをしてくれる、大きな安定感を感じます。


さて、そのプレナイトの写真をここで載せたいのだけれど、なんと、今年に入ってからすっかり姿を見かけない...。別に心霊ぶりたいわけでもなんでもなく、私のズボラが出ているだけだと思うけれど、いつのまにか、どこかに行ってしまった。ちょっと....いや、とってもさみしい。そのうちにひょっこりと顔を出してくれるかな、出して欲しいなと思っている。



***


この写真は別のピースですが、手持ちのプレナイト氏。本当はもう少し黄味があり、黄緑色のような色。フィルターをかけていなくても、実物と違う色になってしまう...たしかに、なかなか撮影の難しい石です。

画像1

このプレナイトも天然繊維でネックレスに仕立てる予定です。お楽しみに!

大きさはこれくらい。

画像2


和名の葡萄石は、原石の形が由来。葡萄みたいでかわいいんですよー!これも私のコレクションから引っ張ってきたものです。

中に見える濃い緑は、エピドートという別の鉱物で、これも味があります。

画像3


よかったら、あなたの石との思い出もぜひ聞かせてください💎


PICK UP

CONTACT

CONTACT

ご質問やご要望など
お気軽にご連絡ください。